利用規約 == 本サービスをご利用いただきありがとうございます。 本サービスへのアクセス、またはご利用いただく前に、こちらの「利用規約」(以下「本規約」とする)をよくお読みくださいますようお願いいたします。 本規約は、本サービスにアクセスする利用者(以下「利用者」とする)と、運営会社 (以下「当社」とする) との間の契約です。 ## 1. 本規約の対象 1-1. クラウドサービス: 本規約は当社のクラウドサービス、関連サポート、および追加サービスに適用されます。本規約には当社のポリシー (当社のプライバシーポリシーを含む)、製品別規約、および利用者の注文書が含まれます。 1-2. 製品別規約: クラウドサービスには、製品別規約に定める当該製品固有の追加の条件が適用される場合があります。利用者が製品別規約の対象となる製品にアクセスしまたはこれを利用することにより、利用者は、製品別規約にも同意することになります。 ## 2. 本サービスの利用制限 2-1. クラウドサービスへのアクセス: 利用者は、本規約に基づき、ご自身の商用利用または私的利用のいずれか該当する利用のためにクラウドサービスにアクセスし、クラウドサービスを利用することができます。利用者に付与される権利は、非独占的、サブライセンス不可能、移転不可能な権利です。 2-2. 制限: 本規約において別途明示的に許可されている場合を除き、利用者は、以下が制限されます。 (a) クラウドサービスを複製、改変、改造、もしくはクラウドサービスの派生物を作成しないものとする。 (b) クラウドサービスへのアクセスを第三者に対し貸しつけ、リース、配布、販売、サブライセンス、移転、もしくは提供しないものとする。 (c) 第三者の利益のためにクラウドサービスを利用しないものとする。 (d) 利用者が第三者に提供する製品またはサービスにクラウドサービスを組み込まないものとする。 (e) 利用者による利用を制限することを目的としたクラウドサービス内の仕組みを妨害もしくは回避しないものとする。 (f) 適用法で明示的に認められている場合かつ、当社に事前に通知をしている場合を除き、クラウドサービスをリバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル、変換またはその他の方法でソースコード、内在するアイデア、アルゴリズム、ファイル形式またはクラウドサービス向けの非公開の API を取得もしくは導出しようとしないものとする。 (g) クラウドサービスに含まれる所有者表記またはその他の表記を消去もしくは隠匿しないものとする。 (h) 競争目的の分析および競合製品の開発のためにクラウドサービスを利用しないものとする。 (i) クラウドサービスの性能に関する情報を広く公開しないものとする。 (j) 上記の行為を第三者に行わせることも、および第三者のこれらの行為を支援することもしないものとする。 ## 3. セキュリティおよびプライバシーポリシー 3-1. セキュリティおよび認証: 当社は、不正アクセス、破壊、使用、変更、または開示から利用者のデータを保護するために設計された物理的、技術的、および管理上のセキュリティ対策を実施し、維持します。 3-2. プライバシー: 当社は、利用者のクラウドサービスのご利用または本規約に関連する、利用者に関する特定のデータおよび情報を収集します。当社は、当社のプライバシーポリシーに従ってかかるデータおよび情報を収集および利用し、利用者はこれを了承するものとします。 3-3. クラウドサービスの改善: 当社は常にクラウドサービスを改善するよう努めています。クラウドサービスを改善するために、当社は、当社のクラウドサービスがどのように利用されているかをより深く理解するため、分析技術を利用します。こうした技術および収集するデータの種類の詳細については、当社のプライバシーポリシーをご確認ください。 ## 4. 利用者のデータに適用される条件 4-1. 利用者のデータへのアクセス: 当社は、利用者によるサポートの依頼に応じるために、許可を得て、利用者のアカウント、エンドユーザーのアカウントおよび利用者のクラウドサービスにアクセスすることができます。 4-2. データに関する法令遵守義務: 利用者によるクラウドサービスの利用は常に本規約、利用許諾ポリシー、およびすべての法律を遵守して行わなければなりません。 (a) 利用者のすべてのデータをクラウドサービスに提出し、本規約において当社に付与されている権利を付与するために必要なすべての権利、許諾を得ていること (b) 利用者のデータならびに利用者が本規約において許可している利用者のデータの提出および利用が、法律、第三者の知的財産権、プライバシー権、パブリシティー権、およびその他の権利、ならびに 利用者のデータを規律するポリシーまたは規約に違反していないことを表明し保証するものとします。第3条(セキュリティおよびプライバシーポリシー)における当社の明示的な義務を除き、当社は利用者のデータに対して何らの責任を負いません。利用者のデータならびにそれをクラウドサービスにおいて提出および利用した結果に対しては利用者が単独で責任を負います。 4-3. 禁止されている機密個人情報の取扱いの禁止: 利用者は、機密個人情報の処理が、該当するドキュメントの該当するクラウドサービスの機能として明示的にサポートされていない限り、機密個人情報をクラウドサービスにアップロード(またはクラウドサービスを使用して収集)しないこととします。他の条項にこれと矛盾する定めがあっても、上記に違反した機密個人情報については、本規約に基づく責任を負いません。 4-4. 損害賠償: 利用者のクラウドサービスの利用に起因もしくは関連して生じた請求による一切の請求、費用、損害、損失、責任および経費 (合理的な弁護士料金および弁護士費用を含む) について、当社(ならびに当社の関係会社、役員、取締役、エージェント、および従業員) は責任を負わないこととする。 4-5. 削除および一時停止: 当社は、クラウドサービスにアップロードされたコンテンツを監視する義務を負いません。しかしながら、利用者による本規約(当社のポリシーを含む)の違反に基づき当社がそのような監視が必要であるとみなした場合、または、当社の著作権および商標違反の報告に関するガイドラインに従い当社が受領した削除要求に応じる場合、当社は、クラウドサービスから利用者のデータを削除、または、クラウドサービスへの利用者のアクセスを一時停止することができます。当社は、可能な場合に、削除および一時停止について利用者に事前に通知するために合理的な努力をします。ただし利用者の行為によってクラウドサービスの稼働または他のユーザーに危険が及ぶと当社が判断した場合、当社は、通知をすることなく、直ちに利用者のアクセスを一時停止し、または、利用者のデータを削除することができます。当社は、本条に記載されているとおりにクラウドサービスからの利用者のデータの除去もしくは削除、または、利用者によるクラウドサービスへのアクセスの一時停止について、利用者に対し責任を負いません。 ## 5. 請求、更新、および支払 5-1. 有料プラン: 無料サービスを除き、クラウドサービスは、月額プランまたは年額プラン等の有料プランに基づいて提供されます。 5-2. 更新: 利用者の注文において異なる定めがある場合を除き、現在の契約利用期間が満了する際に、自動的に更新されます。利用者は、更新しない旨を、当社が指定する方法で通知をするものとします。この方法にはクラウドサービス内でのアカウント設定または当社サポートチームへの連絡が含まれます。利用者が利用契約の契約更新を取り消した場合、利用者は次の請求期間において課金されません。ただし、利用者は、既に課金済みの金額について返金およびクレジットを受けることはありません。すべての更新は、引き続き提供される該当のクラウドサービスを対象とし、その時点のレートで料金が課金されます。 5-3. お支払い: 利用者は、各注文書に従って、注文書で特定されている通貨建てで、支払期日までにすべての料金を支払います。当社の事業所ではない場所で提供される追加サービスについては、利用者の注文書に異なる定めがない限り、利用者は、当社に対し、当社が事前に承諾した旅費、宿泊費、および食事代の実費をご負担いただきます。当社はこれらの費用が生じた時に請求することができます。すべての支払いは返金不能、取消不能、および控除不能です。利用者は、当社が更新、ユーザーの追加、利用制限または利用範囲の超過、費用、および未払いの料金について、利用者のクレジットカードまたはその他の支払手段に課金することができることに同意するものとします。 5-4. 提供: 当社は、利用者のアカウントまたはその他の合理的な手段を通じて、当社が所定の料金の支払を受けるまでに、クラウドサービスのログイン方法についての説明書を提供します。利用者は、自らの責任で、ご自身のアカウントにアクセスし、当社が支払を受けたことおよびご自身の注文が処理されていることを確認するものとします。本規約におけるすべての提供は、電子的手段により行います。 5-5. 返金ポリシー: 顧客満足に向けた当社の取り組みの一環として、利用者は、理由の有無にかかわらず、クラウドサービスの初回の注文日から 7日以内に当社に対して解約通知をすることにより、本規約に基づく当該クラウドサービスの初回注文を解約することができます。利用者が初回注文を解約する場合、利用者から返金の要請を受けた時は、当社は、利用者に対し、初回注文に基づいて支払われた金額を返金します。この解約権および返金請求権は、上記に定める期間内に利用者がご自身の解約権を行使した場合に限り、かつ、クラウドサービスの初回注文にのみ適用され、追加サービス、更新時には適用されません。利用者は、将来においてこのポリシーを変更することがあることを理解するものとします。 ## 6. 税金に係る取扱い 税金: 本規約に基づく有料プランを利用する利用者の料金には、支払元または支払先の法域においてクラウドサービスに関して支払うべき税金または関税は一切含まれていません。かかる税金または関税を当社が支払うべき範囲において、利用者は、本規約に基づいて支払うべき料金に加えて、かかる税金または関税に相当する額を当社に支払わなければなりません。上記にかかわらず、関連する税金または関税が課税または査定された時点で、利用者がかかる税金または関税について免税措置を受けている場合、利用者はかかる免税措置に関わる情報を当社に提供することができ、当社は、所定の請求書面を利用者に提供し、利用者が関連する税務当局から還付または控除を受けることができるように合理的な努力をします。 ## 7. 契約期間および契約の終了 7-1. 契約期間: 本規約は効力発生日に効力が生じ、すべてのサービス利用期間が満了する日または解除される日に失効します。 7-2 途中解約: いずれの当事者も、相手方当事者が、通知後30日以内に本規約に対する重大な違反を解消しない場合、承継人に引き継ぐことなく事業を中止した場合、または、倒産、破産管財人による管理、信託証書、任意整理、和議もしくはこれらに相当する手続きにおける保護を求める場合、または相手方当事者に対してかかる手続きが開始された場合 (かつ、その後 60日以内に取り下げられない場合)に、本規約 (すべての関連する注文を含む)を解除することができます。 7-3. 任意解約: 利用者は、当社に書面で通知することにより、いつでも理由を問わず、クラウドサービスの利用中止を選択し、本規約(すべての注文を含む)を終了させることができます。ただし、利用者が第5条 (返金ポリシー) に基づき途中解約する権利を行使している場合を除き、かかる解除時に、利用者は支払済みの料金の返金を受ける権利を有さず、利用者がその時点における利用期間または関連するサービス期間に関して(該当する場合)所定の料金をすべて支払っていない場合、利用者はかかる未払料金について期限の利益を失い、直ちに支払わなければならない。 7-4. 存続条項: 以下の規定は本規約の終了後または期間満了後も存続します。第4-4条(損害賠償)、第5-3条 (お支払い)、第6条 (税金に係る取扱い)、第7条 (契約期間および契約の終了)、第8-4条 (保証に係る免責)、第9条 (責任の制限)、第10条 (紛争解決)、および第12条 (一般条項)。 ## 8. 保証および免責 8-1. 相互保証: 各当事者は、本規約を締結する法的能力と権限を有していることを表明し保証します。 8-2. 当社の保証: 利用者の利益のためにのみ、当社は、ウィルス、トロイの木馬、またはこれに類似する有害物がクラウドサービスに侵入することを防ぐために商業的に合理的な努力をすることを保証します (ただし当社は、利用者が持ち込んだ有害物に対して責任を負いません) (以下「性能保証」とする)。 8-3. 保証に基づく救済: 当社は、利用者に課金することなく、性能保証に対する報告された不適合を解消するために商業的に合理的な努力をします。解消することが実務上困難であると当社が判断した場合、いずれの当事者も当該時点において有効な契約期間を解除することができます。この場合、当社は、利用者が支払い済みのクラウドサービス利用料金について、当該契約期間のうち解除された期間分に相当する金額を返金します。性能保証は、利用者が最初に不適合を知った日から30日以内に請求しない場合、不適合が誤用、無断変更、または第三者の製品、ソフトウェア、サービスもしくは機器に起因して生じた場合、または無料製品の場合には適用されません。性能保証に対する違反に関する、当社の責任およびお客様の救済方法は、本第8条に定めるものに限られるものとします。 8-4. 保証に係る免責: 本第8条に明示的に定められている場合を除き、すべてのクラウドサービス、サポートおよび追加サービスは現状有姿 (as is) で提供されます。当社は、明示的なものであるか黙示的なものであるか、法律上のものであるかを問わず、非侵害性、所有権、特定の目的への適合性、機能、または商品性の保証を含め、あらゆる種類の表明および保証の一切を明示的に否認します。本規約における当社の明示された義務を制限することなく、当社は、利用者によるクラウドサービスのご利用において中断もしくはエラーが生じないこと、当社が利用者のデータの正確性を確認すること、または当社が利用者のデータを喪失することなく保全または維持することを保証しません。利用者は、クラウド製品の利用に際して、当社が所有、運用または管理していないネットワーク上における利用者のデータの送信が必要であること、およびかかるネットワーク上における利用者のデータの喪失、変更、傍受または保存に対して、当社が責任を負わないことを理解します。当社は、当社のセキュリティ手順にエラーがないこと、利用者のデータの送信が常に安全であること、または権限のない第三者が当社または当社の第三者であるサービスプロバイダーのセキュリティ措置を突破することができないことを保証することができません。当社は、インターネット、電子通信、その他当社の合理的な管理が及ばないシステムの利用に付随する、遅延、中断、サービスの提供不能その他の問題に対して責任を負いません。利用者は他の法律上の権利を有する場合がありますが、法律が要求する保証の期間がある場合、これは法律で認められている最短の期間に限定します。 ## 9. 責任の制限 9-1. 派生的損害の放棄: 対象外請求(以下で定義する)を除き、いずれの当事者も、本規約に起因または関連して生じる、利用不能、データの喪失、不正確なデータ、逸失利益、セキュリティ対策の瑕疵、事業の中断、遅延コスト、または、あらゆる種類の間接損害、特別損害、付随的損害、信頼利益の賠償、もしくは派生的損害について、かかる損害が発生するおそれを事前に知っていたとしても、責任を負いません。 9-2. 賠償責任の限度額: 対象外請求を除き、本規約に起因または関連して生じる各当事者の相手方当事者に対する賠償責任の総額は、請求の直前12か月間に本規約に基づいて利用者が当社に実際に支払ったまたは支払うべき金額を超えません。 9-3. 対象外請求: 「対象外請求」とは、以下とします。 (1) 注文書に基づき利用者が支払うべき金額 (2) 本規約におけるいずれかの当事者の明示的な損害賠償義務 9-4. 請求の性質および本質的な目的の達成不能: 両当事者は、本第9条に定める放棄および制限が、行為の形態を問わず、契約、不法行為 (過失を含む)、厳格責任またはその他のいずれによるものかを問わず適用され、本規約に定める救済によりその本質的な目的を達成することができない場合でも存続して適用されることに合意します。 ## 10. 紛争解決 10-1. 非公式の解決: 本規約に起因してまたは関連して論争または請求が生じた場合、両当事者は互いに協議および交渉し、相互の利益を認識しながら両当事者の満足がいく解決策に到達するよう努めるものとします。両当事者が60日以内に解決に至らない場合、いずれの当事者も、本規約において得ることができる救済を求めることができます。第10-1条に基づくすべての交渉は機密であり、適用法および管轄地の証拠法に関するすべての規則および規範における譲歩および和解交渉として取り扱われます。 10-2. 差止めによる救済、執行: 第10-1条(非公式の解決)の規定にかかわらず、本規約のいかなる規定も、当社が、適切な管轄地において、知的財産権侵害、秘密保持義務違反、または裁定もしくは命令の執行もしくは承認に関する差止めによる救済を求めることを妨げるものではありません。 ## 11. 本規約の変更 11-1. 本規約の変更: 当社は、第 26.1 条 (通知) に従ってお客様に通知することにより、または当社のウェブサイトに変更後の本規約を掲示することにより、本規約 (当社のポリシーを含む) の条件を随時変更することができます。通知する際に、当社は変更の効力が生じる日を指定します。 11-2 無料製品: 利用者は、無料製品を利用し続けるためには変更を承諾しなければなりません。変更に異議がある場合、利用者の唯一の救済は、無料製品の利用を中止することです。 11-3. 当社のポリシー: 当社は、当社の製品もしくは事業または法律の変更に対応するために、当社のポリシーを変更し、その時点で利用者の契約期間中に効力を生じさせることがあります。当社のポリシーに対する変更は、更新後のポリシーのために定められた発効日に自動的に効力が生じます。 ## 12. 一般条項 12-1. 不可抗力: いずれの当事者も、相手方当事者に対し、ストライキ、封鎖、戦争、テロ行為、暴動、自然災害、電力、通信、データネットワークもしくはサービスの利用不能もしくは減縮、または政府機関による免許の拒否など、自己の合理的な支配が及ばない事由による本規約における義務の履行の遅滞および不能(料金の支払不能は除く)について責任を負いません。 12-2. 譲渡: 利用者は、事前に当社の書面による同意を得ずに、本規約を譲渡および移転することはできません。前記の例外として、利用者は、合併、買収、または利用者の資産もしくは議決権付き株式の全部もしくは実質上すべての売却により、本規約(すべての注文書を含む)のすべてを、利用者の承継人に譲渡することができます。ただし、利用者が当社に対し速やかにかかる譲渡を書面で通知し、譲受人が本規約における利用者のすべての義務を負うことに書面で同意することを条件とします。上記で明示的に認められている場合を除き、本規約を移転または譲渡しようとする利用者の試みはすべて無効になります。当社は、利用者の同意を得ることなく、本規約における当社の権利および義務 (の全部または一部) を譲渡することができます。また当社は、当社の関係会社、エージェント、および請負業者に対し、本規約における当社の権利を行使し、または当社の義務を履行することを許可することができます。この場合、当社は、これらの者が本規約を遵守することに対して、引き続き責任を負います。上記を条件として、本規約は許可された両当事者の承継人および譲受人のために効力が生じます。 12-3. 完全合意: 本規約は、本規約の対象であるクラウドサービスその他の対象事項に関する利用者と当社との間のすべての合意であり、クラウドサービスまたは本規約の対象となるその他の事項に関する、利用者と当社との間の一切の過去または本規約の締結と同時期の、口頭または書面による連絡、提案および表明に優先します。注文書または利用者が利用するその他の書面に記載されている規定は、本規約の条件に優先するものでなく、本規約の条件を補完するものではありません。本規約に関連するそのような書面は、管理のみを目的とするものであり、法的な効果は有していません。 12-4. 矛盾: 本規約の本文と当社のポリシーまたは製品別規約のいずれかとの間に矛盾が生じた場合、当社のポリシーまたは製品別規約(該当する場合)が該当事項に関して優先します。 12-5. 放棄、修正: 本規約における権利、権限または特権の行使についての、本規約の被害者側による不行使または遅滞は、かかる権利、権限または特権の放棄とみなさないものとします。また、これらの1回のまたは部分的な行使は、これらのその他の行使またはさらなる行使、および法律または衡平法における権利、権限または特権の行使を妨げることはありません。第11条(本規約の変更)に定められている場合を除き、本規約の改正または修正は、各当事者の権限を有する代表者が書面により行わなければなりません。 12-6. 解釈: 本規約で用いられている「含む」(およびその変形)は、「含むがこれらに制限されない」(およびその変形)を意味します。見出しは便宜上のものです。本規約のいずれかの規定が無効、執行不能、または違法とされた場合でも、その他の規定は完全に有効なまま存続します。 ## 13. 定義 特定の用語は本第13条で定義しています。その他の用語は本規約の文脈に応じて定義されます。 追加サービス : 当社が利用者に提供するクラウドサービスに関連するその他のサービスまたは、カスタマイズサービス等を指します。 管理者 : クラウドサービスを管理する人を指します。 クラウドサービス : 当社がクラウドサービスの一部として提供するクライアントソフトウェアを含め、当社がホスティングするソリューションまたはクラウドベースのソリューションを指します。 ドキュメント : クラウドサービス向けに公開されている当社の標準文書を指します。 当社の技術 : クラウドサービス(すべての無料製品を含む)、当社提供物、これらの「ルックアンドフィール」(外観および操作感)、関連するまたは根底にあるすべての技術および前述したものの修正物または派生物を指し、フィードバックを組み込んだものも含みます。 契約期間 : 該当する注文書(注文フォーム)にて定める、利用者のクラウドサービスの契約期間を指します。 利用者のデータ : 利用者がクラウドサービスに提供するあらゆる種類のデータ、コンテンツ、コード、ビデオ、画像その他の資料を指します。この文脈において、「提供」(およびこれに類似する用語) には提出、アップロード、送信その他の方法でクラウドサービスにおいて利用者のデータを利用可能にする行為が含まれます。