[Github備忘録] 鍵登録のしかた(macOS編)

Posted on 2022/01/05 by 弓削田公司
#Github#鍵
パソコンを買い替えた時に設定を引き継がずに新規に仕様すると、githubの鍵接続ができて、毎回焦る、ユゲタです。 だって、パソコンを買い替えた時って、なんにも設定が入っていない素の状態が、軽くてなんだかスッキリした感じがいいじゃないですか。 そして、キーチェーンなどに登録されたパスワードなども、引き継がれず、またはじめから覚えさせていく作業になるんですが、 設定を引き継ぐかどうかは、どっちがいいとは言い切れないので、「ひとそれぞれ」の思考でいいんですよね。 そうやって自分に言い聞かせてますが、githubの鍵がはずれて、cloneやpushをする際に気がついてアタフタするのが毎回の事です。 最近やたらと多くなってきた、MacOSを使って開発するパターンで毎回行う作業を備忘録として書いておきます。

githubの鍵登録が正常にできているか確認する方法

今使っているPCがgithubに登録されているか確認するコマンドです。 まずはサクッとこのコマンドで正常にgithubが操作できるか確認しておきましょう。 認証が成功した場合の表示も覚えておくと便利です。 ssh -T git@github.com # 成功している場合 > Hi %YourName! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access. # 失敗している場合 > git@github.com: Permission denied (publickey).

鍵の作成

まずは、新規に鍵を作って、githubに追加で登録する流れになりますが、 下記コマンドを参考にして鍵を作っておきます。 【手順】 1. 鍵を作る場所に移動 2. 鍵作成コマンド 3. 鍵名称 4. パスワードは入れても入れなくてもいい、初心者の人はそのままEnterしておきましょう。(確認と合わせて2回入力があります) # 1 鍵を作成する場所に移動(なければ自分のrootディレクトリに.sshフォルダを作成してください) $ cd ~/.ssh # 2 鍵作成コマンド $ ssh-keygen -t rsa # 3 鍵ファイル名を「github」にしておきます。 Generating public/private rsa key pair. Enter file in which to save the key (/Users/yugeta/.ssh/id_rsa): Enter passphrase (empty for no passphrase): github #4 Enterを2回(または同じパスワードを入力) Enter passphrase (empty for no passphrase): Enter same passphrase again: #5 次のようなメッセージが現れて、鍵が作られます。 Your identification has been saved in test. Your public key has been saved in test.pub. The key fingerprint is: SHA256:L8lJusqXviyzZyS2vMmI6Lyj5KYjYuCozHTsL6skE0Y yugeta@MacBook-Air-de-yugetakouji.local The key's randomart image is: +---[RSA 3072]----+ | | | | | E | |. | |.. S | |o.. o .+ + | |*+ = +..= . | |/Bo==o=. . | |/X=o@%=. | +----[SHA256]-----+ これで、「github」と「github.pub」という2つのファイルが作られました。 github.pubは、公開鍵ファイルで、 githubは、秘密鍵ファイルです。 公開鍵の中の文字列を、クリップボードにコピーしておきましょう。 * あとでやってもいいですが、このタイミングでやっておくと効率的です。 * $ cat github.pub とコマンドを打って、表示された文字列をcmd + cです。

Githubサイトに公開鍵を登録

1. githubにログインしたら、画面右上の自分のアイコンをクリックすると、次のようなリストが表示されます。 そこの「setting」を選択します。 2. 次に画面左メニューの「SSH and GPG keys」を選択します。 3. 「SSH keys」の箇所の「New SSH key」ボタンをクリックします。 4. 「Title」に任意の名前(端末名がいいかも)、「Key」に公開鍵の中の文字列を貼り付けましょう。 5. Add SSH keyボタンを押すと、登録完了です。

configファイルの作成

もう一つ重要なポイントがあり、自分の.sshフォルダに鍵を作ったんですが、通常鍵の名称は、「id_rsa」というファイル名で扱われます。 今回は他の鍵を上書きしないように、「github」という名称にしたので、ちゃんとそのファイルを認識させてあげるために、 configファイルというのを作成しておきます。 $ vi ~/.ssh/config ## 以下を登録 Host github.com User git Port 22 HostName github.com IdentityFile ~/.ssh/github TCPKeepAlive yes PreferredAuthentications publickey IdentitiesOnly yes 上記のコマンドを実行して、中身をそのまま貼り付けるだけで、最初にやったgithubの認証コマンドで成功するようになります。

さいごに

鍵とか公開とか秘密とか、何だかややこしいんですが、このへんはgithubを使うお作法のようなものだと思って、詳しい事は分からなくても、今の所大丈夫です。 でも、アルゴリズムの学習など、深くプログラミングを学んでいくと、この辺も自ずと理解できるようになるので、頑張って学習することも、オススメですね。 そして、楽しいgithubライフを送りましょう!
SNS
Groups
  • テクノロジー
  • ビジネス
  • 日記
  • 映画
  • マーケティング
  • 学習
Tags
  • #PHP
  • #コマンド
  • #Docker
  • #Error
  • #ライフプラン
  • #思考
  • #コミュニケーション
  • #プログラミング学習
  • #思考学習
  • #モチベーション
  • #学習ポイント
  • #Javascript
  • #AudioAPI
  • #思考法
  • #成功する秘訣
  • #Cinema
  • #マネタイズポイント
  • #Job
  • #魔法の言葉
  • #Idea
  • ...
関連記事